電子の海を漂うそういうもの2019

 よく笑いものにされる「Twitterポエム」。

 いいとか、わるいとか、そういう次元じゃない。

 私の思考がただ漂う、そんな場所。

 そういう文章。


「今日からちゃんとやろう」

もうこれも幾度目の宣言か。

できたことが無いのに、できると信じて宣言する。

もはや作業の域だ。

でも今日も呟く。

「今日からちゃんとやろう」

2019/3/20


意欲はある。

ないのは、

やる気だけ。

2019/5/28


知らないことを馬鹿にするな

知ろうとしないことを馬鹿にしろ

2019/7/7


作品に文句を言うのは畑違いである

どんなに差別的表現があっても、

どんなに法を破っていても、

それは紛いなりにもフィクションである

ドラえもんを見て、暴虐を批判するのか?

アンパンマンを見て、不衛生を批判するのか?

現実と非現実を区別できてないのは

果たしてどちらだろうか

2019/7/14


「下手」か「上手」じゃない

「嫌い」か「好き」だろう

嫌いなのを相手のせいにするな

2019/7/17


持ち物を伝えられなかった

liar gameの始まりだ

2019/7/17


何のために生きてるのかわかんないけど、

元々人生に意味なんてないわけで 。

だから、

「存在価値」とか

「存在意義」とかで

悩まなくていいんじゃないかなって。

こんなこと数ヶ月前の自分は考えもしなかった。


自問自答で人は成長する

悩みはまず自分に投げかけろ

君は君であり君でしかないのだ

それでもわからないなら人を頼る

わからないものをわからないままにしておくことほど

愚かなことはないだろう

2019/7/24


ソフトテニスを真面目に3年間やってもクソ雑魚だった

自分的には十分努力した

だけど才能には勝てなかった

結局努力でなんとかなると思ってた

それ以来、

何かに力を注ぐことがなくなった

努力でカバーだなんて馬鹿げたこと言うんじゃない

好きなことをしろ

2019/7/26


誰にだって楽しい時期がある

誰にだって辛い時期がある

正弦や余弦のグラフみたいに循環してる

今が楽しい時期ならば、もうすぐ落ちる

今が辛い時期ならば、もうすぐ昇る

昨日の感情を悔やむな

今日の感情を憂うな

明日の感情を待て

昨日には昨日の自分がいて

今日には今日の自分がいて

明日には明日の自分がいて

昨日はもう来ないし

今日は過ぎてくし

明日は追いつけない

人生楽しんだもん勝ち

2019/7/28


人を嫌いになってもいい

国を嫌いになってもいい

ただ、 国民を嫌いになってはいけない

2019/8/20


誰も見ないし評価されることもないって思うと

創作への遠慮がなくなる。

「下手だから」ってなんでも諦めてきたけど、

どうせ誰も気にしないんだったら

やればいいじゃんって。

気が楽になった。

2019/9/22


劣っていることを誇る暇があるなら、

その暇を優れているところ探しに使うべきである

2019/10/7


私にとって多言語学習はゲームと同じ。

面白そうだからやってみるし、

難しかったら諦める。

ゲームが好きな人がたくさんカセットを持っているように、

語学が好きな人もたくさん言語を学ぶ。

名作ばかりやる人もいれば、

レトロゲーが好きな人もいて、

自分で作ってしまう人もいる。

もちろん、一つの作品を極める人だっている。

2019/10/17


やりたいことが多いのは良くない

広く浅くは身を滅ぼす

やりたいことを増やすのは、

未来に脅威を撒く行為である

「やりたいこと」はやがて

「やるべきこと」になり、

それは鋭利な刃を自身に刺していく

人生で一番大切なのは「好奇心」ではなく

「諦める勇気」であろう

2019/11/15


後出しシリーズ

 2019年になってから認定したもの。


やらなきゃできるようにならない事は知っているし、

身を持って体験しているのだけれども、

それができない。

頭では理解しているし、心の準備もできている。

だけど、

だけど手が動かない。

体がそこへ向かない。

それにつれて脳が諦める。

日々この繰り返し。

2018/7/27


Twitterって自分の心の中をある程度自由に吐き出せるからいいツール。

現実じゃぁこんな面倒くさい人の話なんて聞いてくれないもの。

そう考えたら”存在意義”も存在しないのかなって。

2018/7/9