ウリ語講座 品詞

 ウリ語の品詞の解釈はいまだ様々な論があり、これが正解というものはありません。ここでは、有力説を基に解説します。


ウリ語の品詞

 先ほど言った有力説とは、「ウリ語には品詞という分類が無い」と言うものです。

 ウリ語は次のような接頭辞によってその単語の役割を示します。これらの役割は品詞のように扱う方がわかりやすいので「–詞」という表記にします。

役割名接頭辞意味
名詞無しその概念自体
代名詞無し行動主や被行動主を示す
動詞Suその概念の動作や変化を示す
被動詞Quその概念から動作や変化を受けることを示す
修飾詞VoRa
GaRa(対 被/動詞)
単語の追加的情報を示す
直接比喩修飾詞VORa
GARa(対 被/動詞)
単語への直喩表現を示す
情詞無し時相法を示す
接続詞Lo文や句どうしの関係を示す
複合接続詞無し名詞と接続し、複合語を作る
文章接続詞Lo文章と文章の関係を示す
指示詞無し空間的/心理的な位置関係を示す
語気詞無しその文の語気を示す
単位詞場合による
(つけるときは修飾詞と同じ)
ある数量の単位
特別詞場合による
(つける接頭辞は自由)
これ以外の分類に含まれないもの

 ウリ語におけるこういった分類は絶対的なものではありません。基本的にどの名詞もこれらの接頭辞を付けることができます。接頭辞はあくまでも解釈の分類の表示です。

例) MeThu 「花」

SuMeThu咲く
QuMeThu咲かされる
VoRaMeThu華やかな
VORaMeThu花のような
LoMeTHuより美しく

 これらはあくまでも解釈の一例で正解ではないです。